このブログはZeN^Sh0!による歌・カラオケ・その他ゲームや雑記に関するブログです。


プロフィール

ZeN^Sh0!

Author:ZeN^Sh0!
Author:ぜんしょー
SkypeID:rokkumann0
知り合いは気軽に追加してください
Twitter:@ZeNSh0t



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンタ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近練習してる歌&三声区論ってなんぞ?
最近はミスチルの「擬態」って曲と「彩り」って曲を練習してますどうも僕です!


擬態の方は友達の馬場ちゃんとカラオケ行ったときに馬場ちゃんが歌ってるのを聞いて

「何て良い曲なんだ!感動したっ!」ってことでさっそく覚え始めた。


彩りの方は春休み中に通ってたボイトレでミスチルを良く歌う生徒さんが居たんけど

その人の歌うミスチルの彩りって曲を聞いて

「何て良い曲なんだ!感動したっ!」ってことでまたもさっそく覚え始めた。



結論:人と行くカラオケは素晴らしい!!!

やっぱり人の歌って影響受けやすい気がするwww

そして、ちょっと前まではおもくそ張り上げだったからミスチル歌うとすぐ喉潰れてたんだけど

最近張り上げをしなくなってからミスチルが歌いやすく、さらには喉を痛めなくなった気がする。


まぁ、下手くそなんですけどね!w




それはそうと

小野正利さんのボイス・トレーニングのまとめを見ていて『三声区論』という聞いたことない単語が出てきた。


と言うことでさっそくググってみることに・・・


※注意!!こっからかなりにわか知識露呈してます※


いろいろ調べてみたところ

歌を地声と裏声に分けるのが「二声区論」と言い

歌をチェスト・ミドル・ヘッドの三つの音域に分けるのが「三声区論」と言うらしい。


自分は今まで チェストは地声のことでミドルやヘッドは裏声と言うくくりの中の

発声方法の種類と考えていたんで、その結果いろんな歌に関して書いてるサイトを見たとき

え?どういうこと?ってなることが多かったんだけど音域のことを言っているんだとやっと理解できた。



んで、三声区論って言うのは

地声、裏声の低い部分、裏声の高い部分、と分ける考え方なのかな?



んでだ、昔見た歌の解説動画で(昔見ただけなので何処で見た動画かは覚えていない)

「男性は地声と裏声にしか分けられず、正確にはミドルの声区は存在しない。

逆に女性は地声とミドルとヘッドで分けられる」

って言ってたのを覚えてるんですよね。



当時は歌に関する知識0だったから「何言ってんだこいつ」見たいな感じだったんだけど

この動画の言いたかったことってこうなんじゃないのかな?ってことで下にまとめてみた。




女性は普段しゃべってるときは地声なんだけど電話に出たり歌うときはミドルになってるらしく、

地声・電話に出るときの声・裏声の三つを歌に使えれるから三声区論が適している!



対して男性の方は

・息漏れの多い裏声「ファルセット」

・行き漏れのない裏声「ヘッドボイス」

・声帯の閉鎖を強め芯の入った裏声「ミドルボイス」

の三つの裏声発声方法があるだけで

実際は地声と裏声しかないので二声区論が適している!



ってことを動画で言ってたんじゃないかと勝手に理解した気でいるぜんしょーであったとさ。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。