このブログはZeN^Sh0!による歌・カラオケ・その他ゲームや雑記に関するブログです。


プロフィール

ZeN^Sh0!

Author:ZeN^Sh0!
Author:ぜんしょー
SkypeID:rokkumann0
知り合いは気軽に追加してください
Twitter:@ZeNSh0t



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンタ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MGS5について色々考察
※注意※

これはゲームの考察であり、MGSに関して何も知らない人やネタバレになる可能性が高いので

本当に読みたい人だけ読んでください。







俺なりにMGSVのトレイラーの時系列を考察

MGSの年表と照らし合わせて、この辺で何があったのかを比べてみる。

1972
『恐るべき子供達計画』
ビッグボスの子供達(ソリッド・スネーク、リキッド・スネーク)生誕
しかしこれがBIGBOSSとゼロの決定的な亀裂となりBIGBOSSは姿を消す。

197X
ビッグボスの完全なクローン(ソリダス・スネーク)造られる
これに関してはクローンとは言え、ソリッドとリキッドがBIGBOSSに限りなく近い別人であったため
ゼロがBIGBOSSを永遠のイコンにするための研究の一環として作られたんじゃないかなと思う。

197X
ビッグボス、カズヒラ・ミラーと出会い、共に『国境なき軍隊(MSF)』を結成
これに関しては特に言うことは無いかな・・・
しいて言えばドラマCDによるとこのころのカズはBIGBOSSに対して非常に生意気ww
これがPWの頃のカズになるのかと思うと少し違和感あり。

1974
『METAL GEAR SOLID : PEACE WALKER』
『ピースウォーカー計画』
国境なき軍隊により計画は阻止される
ビッグボス、スネークのコードネームを捨て、自らビッグボスを名乗るようになる
ヒューイ(エメリッヒ博士)、MSFにて『メタルギアZEKE』を開発
MSF、核武装を遂げる


さて、とりあえずここまでが1970年代に起きたPW事件までのお話。

ここからMGS5の話になるわけだけども、

MGS5のトレイラーによると

この後、サイファー側に拉致されたパスとチコの救出作戦にBIGBOSSは乗り出すわけだけども

入れ替わりでMSFが襲撃されBIGBOSSが戻るころには壊滅状態に陥っているのは明白。

MSFに残っていたであろうヒューイとストラブに関しては

愛国者に拉致されて愛国者の研究に利用されるんじゃないかな。

そしてせっかく救出したパスに関しても腹の中に爆弾埋め込まれててヘリにて摘出。

チコに関しては変な人体改造を受けてた上でトレイラーではBIGBOSSに首絞められてたけど

その後の場面であるヘリの中に元気に暴れるパスを抑え込んでいることから無事っぽい?

だけど、ここで気になるのがヒデラジにて大塚明夫さんが

「チコとパスが1に繋がっていないという未来がまた悲しいね」

と話していることからその後二人は死ぬ可能性が高い。

その後MSFから脱出し移動中にヘリまでもが撃墜される気がする。

そしてスネーク、カズ共に負傷しチコとパスに関しては早くも生存が危ぶまれる状態なわけで・・・

結果、BIGBOSSは9年間の昏睡状態に陥り、80年代へ・・・


ここでまた年表に戻る。


1980
オタコン(ハル・エメリッヒ)生誕

198X
リベリアにてジャック(後の雷電)生誕

198X
『シアーズ・プログラム』始動
ソリダス・スネーク、ジャックの両親を殺害
以後、彼を誘拐して少年兵として育てる
ジャック、リベリア内戦に少年兵として参戦
『切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)』、『白い悪魔』と呼ばれ恐れられる
終戦後、アメリカに渡る

198X
ビッグボス、傭兵派遣会社『アウターヘブン』設立

198X
フランク・イエーガー、ローデシアで戦争孤児であったナオミ・ハンターを保護
以後、義理の兄としてナオミを育てる

198X
ビッグボス、モザンビークでフランクとナオミを保護
その後、共にアメリカに渡る


80年代はざっとこんな感じ。

MGS5のトレイラーでも少年兵がかなり表に出てきてるし、

雷電のことも重なって、愛国者たちはこの辺で少年兵に目をつけて色々活動しているように思える。

そして前々からMGS1のキャラがこのMGS5でも出てくるんじゃないかと予想してたんだけど

トレイラーを見る限りリキッドっぽい子供が少年兵をやっているようにも見える。

これはひょっとすると未だ回収されていないMGS1の

「親父は俺を選んだ」

っていうリキッドのセリフの伏線が回収されるのではないだろうか。

そして少年兵と言えば忘れちゃいけないのがグレイフォックスである。

グレイフォックスもこの辺じゃ重要な人物として出てこなきゃおかしい。

グレイフォックスがBIGBOSSのもっとも信頼される人物となる理由がMGS5で出てくる気がする。

そしてすっかり忘れていたんだけど、最近MGS4を周回プレイしてて気が付いた。

「ドレビンも少年兵じゃねーか!!!」

ドレビンはウガンダ内戦(1981~86)にて両親を失い、、反政府武装勢力であるLRA(神の抵抗軍)に

誘拐され、少年兵として戦場で育ち、その後愛国者に拾われるわけだけども、

この辺を考えてもやはり愛国者が少年兵の問題に何らかの関わりがあるのは一目瞭然である。

そもそも愛国者側がソリダスを使ってシアーズプログラムが始動してるわけだし

ひょっとするとソリダスが殺した雷電の両親ってギリギリ生き延びたチコとパスな気がしなくもない。


んで、ダイアモンドドッグスに関しては明らかにアウターヘブンの前身になると考えられる。

そしてダイアモンドドッグスの活動中にカズを救出、

そしてヒューイを敵から奪い情報を吐かせるために拷問するんじゃないかと思う。

ここで問題になるのが何故ヒューイが拷問されているのか?

ヒューイは元々MSFでZEEKを作るくらいに好意的であったため、

もし敵側からヒューイを奪ってきたのなら拷問をせずとも情報を吐くはずである。

だが拷問をされているということはヒューイが愛国者側の情報を話せない理由があるのではないかと思う。

ここで考えられるのがストラブとオタコンのことである。

オタコンは80年の時点で生まれてるのは確実だが、愛国者がそれを利用しないわけがない。

THEBOSSと同じように子供をとりあげ、人質としている可能性が高い。

ましてやヒューイだけが拷問されているとなるとストラブの命を守るためにも

情報が吐けないでいるのではないかと思える。

後に作られるJDなどのAI群はエマがGWを作る前に作られていたはずだから

JDの作成はストラブが行ったのではないだろうか。

そして、ストラブはAIを作りきりオタコンを守るためにこのMGS5で死ぬような気がする。

年表を見る限り一応離婚という形になってるみたいだけど・・・

その後ヒューイがエマと共に心中しようと自殺するけども、

これも自分の意志ではなく愛国者がそう仕向けたのではないかとも考えられる。

さて、そして気になるのがカズの存在である。

カズはトレイラーを見る限り片腕と片足と目を失い、

手塩をかけて育て上げたMSFもぶっ壊されてかなりご立腹なように見えるんだけど

PWの盗聴テープやその後もMGにてBIGBOSSを倒すためにソリッドスネークをアドバイスしてたりと

何だかんだでお前愛国者側なんじゃねーの?っていう怪しい部分が多々見受けられる。

って考えるとMGS1でリキッドに殺されるのは

「リキッドの親父の敵討ち」or「オセロットがリキッドを使ってそう嗾けた」

のどちらかな気がしなくもない。


とりあえずMGS5のトレイラーを見て感じたこと思ったことを書き連ねたらこんな感じになったけど・・・

わくわくが止まらない!w
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。